TOP  産業用太陽光発電

事業内容Menu
太陽光発電に関するトラブル解決いたします。
ソーラーシェアリング。農業×発電で収益化。
太陽光発電の増設、過積載も対応します。
太陽光発電付きカーポートお取扱いございます。
太陽光発電×蓄電池。売電から自家消費。
エネルギーに対するコスト削減のご提案。
効率的にエネルギーマネジメントを。
産業用太陽光発電

産業用太陽光発電

産業用太陽光発電システムの運用

全量売電方式

土地や建物を活用し、太陽光発電を投資事業としてお考えの方におすすめです。
発電した電力はすべて売電するため、高い売電収益が見込めます。
使用する電気は、電力会社から買います。

自家消費方式

電気のコスト削減とクリーンなエネルギー活用をお考えの方におすすめです。
発電した電力を自家消費するので、買う電気の量が抑えられます。夜間や発電量が足りない場合は、電力会社から電気を買います。蓄電池などを併用するとより効果的に運用できます。
システムの一部に全量買取制度を適用して、電力会社に売電することもできます。

お問い合わせはコチラ
page top

さまざまなカタチに対応する太陽光発電

遊休地・農地・空き地の土地活用、アパート・マンションの屋根上活用としても魅力的

遊休地

更地や山林、農地などの現在使われていない遊休地、アパート・マンションなどの屋根上を使って建設できる太陽光発電は、遊休資産や空いたスペースを有効活用できるうえ、売電収入も入ってきます。

過積載で太陽光発電をバージョンアップ

過積載とは、モジュール積載許容量を拡大することです。
パワコン1台あたりの発電量を増やすことで、年間発電量を増やします。日射照度が低いときでも、パワコンの能力を活かし、朝から夕方まで、雨、曇りの日も太陽光を無駄なく利用し、発電量をアップできます。すでに稼働している太陽光発電をパネル増設という形で過積載にするのもオススメです。

農業×太陽光発電でソーラーシェアリング

農業を営みながら太陽光発電で副収入を得たい方にオススメです。これまで農地での太陽光発電には、「太陽光パネルが日差しを妨げる」「農業機械が入れられない」などといった課題がありましたが、メーカー各社の努力によって、「パネルやパネル傾斜角を変えることで遮光率の調整が可能」「大型トラクターでも作業できる架台下スペース」を実現しました。農閑期に農作物を育てられない畑でも、農作物収入に加えて、通年での売電収入を得られることができます。

農業と太陽光発電

電気のコスト削減にも貢献します

屋根上太陽光発電

店舗やオフィス、工場などの屋根上に太陽光発電システムを設置し、自家消費型の運用方式を適用すれば、電力会社からの電気購入を減らすことができるという経済的メリットが見込めます。

太陽光発電×蓄電池で緊急時に電力の自給自足を

企業様は、緊急事態(自然災害など)に直面した場合でも、的確な判断を下して事業を継続し、早期全面復旧を目指す事業継続計画(BCP)の策定が求められています。
災害で停電などになってしまった場合には、日中は太陽光発電で発電した電気を特定設備などに供給したり、また蓄電設備を併設していれば、夜間など太陽光発電の電力では賄えない時間帯に蓄電池から電気を供給できるようになります。

イメージアップや企業価値の向上にも大きく貢献します

産業部門(工場等)では、CO2排出量が国内全体の約35%を占めています。太陽光発電を導入することによって、環境問題に取り組む積極的な姿勢をアピールすることは、企業価値を高めます。さらに従業員の環境意識を高め、エネルギーコストの低減も期待できます。

お問い合わせはコチラ
page top

固定価格買取制度とは

平成29年度の買取価格は以下の通りです。買取価格・期間は年度ごとに見直しが行われます。(一度売電がスタートした方の買取価格・期間は当初の特定契約の内容で「固定」されます。)

2017年4月~2018年3月までの固定価格買取制度

太陽光発電

10kW以上2,000kW未満

調達価格

21円+税/kWh

調達期間

20年間

問い合わせ先

なっとく!再生可能エネルギー

※買取期間は特定契約に基づく電気の供給が開始された時から起算します。(試運転期間は除きます。)
※平成29年3月現在のデータに基づく。

お問い合わせはコチラ
page top

公共・産業用公的支援制度

公共・産業用太陽光発電システムに対して、主に下記のような公的支援制度によって国が積極的な導入の支援を行っています。詳細情報については各支援制度・事業窓口までお問い合わせください。

中小企業等経営強化法 経営力向上計画

主 管

中小企業庁

概 要

認定計画に基き取得した一定の機械及び装置の固定資産税が3年間半分に軽減。
その他、さまざまな金融支援などが受けられます。

適 用 期 間

2019年3月31日まで

問い合わせ先

経営強化法による支援

お問い合わせはコチラ
page top

環境保全に関わる法制度・条例

エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)

主 管

経済産業省

対 象

事業者単位(企業単位)でエネルギーの使用量(原油換算値)が合計して1,500kl以上を使用している事業者

概 要

義務:エネルギー管理統括者・エネルギー管理企画推進者を選任、判断基準の遵守(管理基準の設定、省エネ措置の実施等)
目標:中長期的にみて年平均1%以上のエネルギー消費原単位の低減、又は電気需要平準化評価原単位の低減

問い合わせ先

省エネ法の概要について

工場立地法

主 管

経済産業省

対 象

敷地面積9,000㎡以上もしくは建築面積3,000㎡以上の工場

概 要

敷地に占める緑地面積を20%以上、かつ緑地を含め、噴水や運動場などの環境施設を25%以上確保すること。工場の屋根に設置した太陽光発電施設(売電用含む)の設置面積相当分を、「環境施設面積」として参入できる。

問い合わせ先

工場立地法

お問い合わせはコチラ
page top

施工までの流れ

下図は、ご依頼から施工完了までの基本的な流れとなります。

施工までの流れ
お問い合わせはコチラ
page top