TOP  余剰電力を自家消費する

事業内容Menu
ネット予約販売実施中

余剰電力を自家消費する

蓄電池で自家消費をする

太陽光発電とのバランス、電池容量、使い方に合わせて最適な一台を選べます。

余剰売電分を蓄電池に充電して、使うことができる。

FIT(固定価格買取制度)が終了し、売電価格が大幅に下落すると、太陽光発電システムで発電した余剰電力は電力会社に売るより、蓄電システムに蓄えて、夜間などに有効利用した方がお得になります。

停電時に、蓄電してある電気を使うことができる。

もしもの災害時に、停電が続いた場合、どのようなご家庭でも、暗くて不便な夜を過ごさなくてはなりません。高齢者や赤ちゃんのいるご家庭では、なおさら不安な夜を過ごさなければならないかもしれません。そんな時「もしも」の時でも、蓄電システムがあれば、蓄えておいた電気が使えて、多少なりとも安心して過ごすことができると思います。

蓄電池
蓄電システムに関して、より詳しくお知りになりたい方はこちらから。
お問い合わせはコチラ
page top

蓄電池と電気自動車で自家消費

EV・PHVにお乗りの方、これから乗り換えをお考えの方におすすめです。

余剰売電分が電気自動車にも充電できる。

毎日の通勤やお買い物に車を使っている方なら、昼間発電した電気を蓄電池にためて、夜間に電気自動車に電力を移動させることで、毎日の電気自動車のエネルギーが自家製でまかなえます。

停電時には、電気自動車に充電もできるし、使うこともできる。

停電した時も蓄電システムがあれば、蓄えておいた電気が使えて安心です。さらに、トライブリッド蓄電システムなら電気自動車にためた電気も使うことができるので、長期間の停電でも安心です。蓄電池の電気を使い切っても、太陽光で発電すれば、また蓄電池に電気を蓄えられます。

トライブリッド蓄電池
蓄電システムに関して、より詳しくお知りになりたい方はこちらから。
お問い合わせはコチラ
page top

エコキュートで自家消費をする

売電終了の時期とエコキュートの入れ替え時期が重なる方におすすめです。

余剰売電分の電気で、お湯を沸き上げることができる。

太陽光発電の余剰電力を自家消費できる機能がついているエコキュートを設置し、夜間の沸き上げ量を減らして、翌日の昼間に分散して沸き上げます。

エコキュート
お問い合わせはコチラ
page top
page top