TOP  よくあるご質問

太陽光発電に関するトラブル解決いたします。
ソーラーシェアリング。農業×発電で収益化。
太陽光発電の増設、過積載も対応します。
太陽光発電付きカーポートお取扱いございます。
太陽光発電×蓄電池。売電から自家消費。
エネルギーに対するコスト削減のご提案。
効率的にエネルギーマネジメントを。

よくあるご質問

弊社の製品・サービスに関するお客様からの疑問やよくある質問をご紹介しています。
ご不明な点やご質問などがございましたら、お気軽に問い合わせください。

見積り依頼はできますか?

もちろんできます。現場に弊社スタッフがお伺いし、現場を調査し、お客様に合ったプランをご提案させていただます。

見積り依頼してから、どのくらいでできますか?

見積依頼の内容によって作成時間が違ってきますので、一概にどのくらいとお答えするのは難しいのですが、弊社スタッフが迅速に対応させていただきますので、安心してご依頼ください。

100坪でどれくらいの枚数を設置できますか?また、どれくらい発電しますか?

設計基準で異なりますが、枚数で約83~104枚、発電量で約20~26kW程度です。土地の状況、設計等によって変わりますので、あくまで目安としてお考えください。

産業用太陽光発電システムは、どれくらいで償却できますか?

設置されるシステムや土地状況、初期費用などによって様々なので、一概にはお答えできませんが、約7~10年間位で償却できるのではないでしょうか。あくまで目安としてお考えください。

太陽光発電システムの売電価格は20年後どうなるの?

設置してからの20年間は国による価格の規制に基づいて電力会社が買い取っています。それが20年後になると、国による価格の規制が解除されるので、発電事業者(お客様)と電気事業者(電力会社)間での合意で買取価格を設定することになるのではないかと思われます。

太陽光発電システムの発電量で、どれだけの電気をまかなうことができますか?

発電量は、設置条件や気象条件などによって変化しますが、1kW当たり約1,000kWh/年の発電量を得ることができる言われています。一般家庭の電力使用量は、家族構成や所得、ライフスタイルなどによって様々ですが、一般の標準世帯(夫婦、子供の四人世帯)では、電力使用量が月平均約280kWhという平均データがありますので、年間3,360kWhとなります。ということは、3.5kW程度のシステムであれば、自己消費分を太陽光発電で100%賄うことができることとなるのではないでしょうか。

太陽光発電はどのくらいもちますか?

太陽電池モジュールの寿命は、30年以上とか半永久的とか言われていますが、汚れや外観変化、経年劣化などにより、出力低下がみられることがあります。システムとしては、パワーコンディショナなどの寿命(〜10年)が先にあると考えられます。そのため、メーカーの機器保証や出力保証が定着して来ているのだと思います。

太陽電池モジュールの掃除は必要ですか?

汚れに関しては、雨で大抵の汚れは洗い落とされます。しかし、油分を含む汚れなどすべてを洗い落とすことはできません。周辺環境や傾斜角度との関係もあり、傾斜が浅いと若干汚れがたまりやすいようです。極端な出力低下がみられる場合は調査が必要かもしれません。

太陽光発電のメンテナンスは必要ですか?

完全にメンテナンスフリーと言うことはできません。太陽光発電設備全体の定期的な点検・修理などは必要だと思います。

お問い合わせはコチラ
page top