TOP  蓄電池 × HEMS

事業内容Menu
蓄電池×HEMS

蓄電池×HEMS

蓄電池のおすすめポイント

太陽光発電と連携できる。2019年に売電が終了していく方におすすめ。

昼間は太陽光発電でつくった電気を使いながら、余った電気を蓄電池に充電。夜は蓄電池の電気を使い、足りない分だけ電力会社から購入します。電気代の節約と電力の自給自足が可能になります。

※2019年から売電が終了していく方は、売電終了後、無駄なく、スムーズに切り替えられるよう、お早めにご相談ください。

自産自消型太陽光発電システムと蓄電システム

夜間の電力を日中に使えるので、昼間の電力のピークカットにおすすめ。

昼間や夜間の電力ピーク時に、前日の夜間電力で蓄えた蓄電システムからの電気を使用することで、電力会社から購入する日中の電力量を抑制すること(ピークカット)が可能です。電気代の節約、ピーク電力の削減、消費電力の平準化ができます。

※電力会社から購入した電気は、売電できません。

蓄電システムでピークシフト、ピークカット

停電時にも電気が使えるので、バックアップ電源をお考えの方におすすめ。

最近は、異常気象や災害によって停電が発生しています。昼夜問わず必要に応じて電力を取り出せるとともに、予期しない停電のときなどにもバックアップ電源として使うことができます。

※太陽光発電の発電量が多い場合には、特定負荷へ給電するとともに蓄電システムにも充電します。
※太陽光発電の発電量が少ない場合には、不足分の電力を蓄電システムから給電します。

お問い合わせはコチラ
page top

弊社のお取り扱いメーカー

蓄電池(蓄電システム)は、太陽光発電システムでのお取り扱いメーカーの他に、下記のメーカーもお取り扱いさせていただいております。
新築、既築、どちらにもご対応させていただいております。お気軽にお問い合わせください。

※創蓄連携システムをご希望の方は、お問い合わせ時にお伝えいただけると助かります。
※メーカー指定での御見積りをご希望の方は、お問合せ時にお伝えいただけると助かります。

蓄電池(蓄電システム)メーカー

田淵電機 蓄電池 ニチコン 蓄電池 オムロン 蓄電池

エヌエフ回路設計ブロック 蓄電池 エリーパワー 蓄電池 Sky Japan 蓄電池

太陽光発電システムメーカー

パナソニック 太陽光発電 東芝 太陽光発電 シャープ 太陽光発電

ソーラーフロンティア 太陽光発電 サンテック 太陽光発電 トリナソーラー 太陽光発電

三菱 太陽光発電 Qcells 太陽光発電 CanadianSolar 太陽光発電

ABLYTEK 太陽光発電 Looop 太陽光発電 DMM 太陽光発電

お問い合わせはコチラ
page top

蓄電システムの運用方法

蓄電システムにはいくつかの運転モードがあります。
メーカーごとに可能な運転モードが異なりますので、詳しくは各メーカーのウェブなどをご覧ください。

シングル発電型(押上効果なし)

深夜の割安な電気を使って、蓄電システムへの充電を行います。太陽光発電が停止中、蓄電システムから放電して電力を賄います。太陽光発電の発電(売電)が始まると、蓄電システムは放電を止めて、日中は太陽光発電で発電した電力を賄います。

※この場合、売電価格は変わりません。

シングル発電型(押し上げ効果なし)

ダブル発電型(押上効果あり)

深夜の割安な電気を使って、蓄電システムへの充電を行います。太陽光発電の発電が始まると同時に、蓄電システムから放電を開始し、日中の電力を賄うため、太陽光発電で賄っていた分の電気も売れるようになりますので、売電量を増やすことができます。
しかし、売電量を増やすことはできますが、ダブル発電の場合は売電価格が下がるため(※)相対的にメリットになるとは限らないので注意が必要です。

※太陽光発電容量が3kW以下で売電量が少ないと感じている方にオススメです。

ダブル発電型(押し上げ効果あり)

電力自給自足型

深夜の割安な電気や日中の太陽光発電の余剰電力で蓄電システムに充電を行い、太陽光発電が発電できない夜間の電力を蓄電システムで賄うことで、電力会社から買う電気を相対的になくす方法です。


※2019年11月から順次、売電契約が終了していく方におすすめです。
※環境や省エネを優先に考えている方にもおすすめです。

自産自消型太陽光発電システムと蓄電システム

蓄電優先型

自然放電などで電池残量が減ると充電を開始して、蓄電池を常にフル充電にさせておき、充電が終わると待機状態になります。非常時に備えた運転モードです。

お問い合わせはコチラ
page top

HEMSでエネルギーを管理する

HEMSとは?

HEMSとは「Home Energy Management System(ホームエネルギーマネジメントシステム)」の頭文字をとったもので、家庭で使うエネルギーを賢く管理するシステムのことです。
2030年までに全世帯に設置予定となっていて、くらしに欠かせない設備となるHEMS。
エアコンや照明などの電気を使う家電製品と太陽光発電システムなどの創エネ機器、発電した電気を蓄えるリチウムイオン蓄電池などの蓄エネ機器をネットワーク化し、暮らしの電気やガスなどの使用量をモニター画面などに「見える化」したり、家電機器などを「最適に制御」して、もっと上手にエネルギーを使うことができるようになります。

HEMS設置のメリット

HEMSを設置すると、住まいのエネルギーが「見える化」になり、電気使用量などがお手持ちのPCやスマホ、タブレットからいつでも見られるようになります。数値として見えることにより、省エネ意識がより高まり、節電に対する姿勢がより積極的になると考えられています。

HEMS

HEMSでできること

例えば、エアコンや照明などのリモコンやスイッチで操作していた機器が、自動制御機能を使うことで、「設定した使用量に達したら電源を切る」、「設定した時間から段階的に照明を落とす」といったことが可能になります。また、メーカーによっては外出先から遠隔操作もできるので、「夏場の帰宅時に前もってエアコンの電源を入れて部屋を涼しくしておく」、「帰宅したらすぐにお風呂に入れるように遠隔操作でお湯はりを行う」なども可能になってきます。

お問い合わせはコチラ
page top

弊社がお客様に選ばれ続ける理由

point1 販売からメンテナンスまで一貫してスリーアローズが行います!

長く使う蓄電システムだからこそ、販売・設計・施工・メンテナンスまで行います。

point2 わかりやすいプランニング!

設計・御見積・プラン・シミュレーションなど、充実した導入計画をご提案致します。

point3 電気設備工事に精通している!

蓄電システムは電気設備なので、電気工事も経験豊富な弊社へお任せください。

point4 お支払い方法も選べます!

ローンでのお支払い方法もご用意させていただいております。

point5 保証もアフターフォローも万全です!

弊社では、保証手続きもアフターフォローもしっかりと行っております。

point6 申請手続きの代行もOK!

電力申請手続等も弊社にて対応させていただきます。

お問い合わせはコチラ
page top

施行までの流れ

下図は、ご依頼から施工完了までの基本的な流れとなります。

施工までの流れ
お問い合わせはコチラ
page top